FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

わたしの感情の歴史

心のページに刻まれた想いを綴ってゆきます

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

冬を待つ雪 



うつむいた視線の雪

まだ冬は下りてきていない


それからぼくは日高の峰へと歩いてゆく

雪の草原が白樺の木のしたで空を映している

雨は根雪のしたに降りつづける


夏の日の高原から風が下りてくる

死んだはずの男はまだ生きている

夏服を着たままで


それからぼくは雪煙舞う農道を走っている

生活が雪を追いかけている


突然に生まれたぼくは

いま日差しが明るい部屋に佇んでいる


そして冬を待っている

窓の外には春までとけない雪が道を覆っている


気が付けばまた歩いていた

うつむいた視線に

まだ冬は下りてこない



スポンサーサイト

Posted on 2017/01/31 Tue. 18:12 [edit]

category: 詩的つぶやき

TB: 0    CM: 0

31

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://toseinin595.blog.fc2.com/tb.php/667-06386771
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。