FC2ブログ

09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

わたしの感情の歴史

心のページに刻まれた想いを綴ってゆきます

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

わたしのポエジーの源泉 



実家から3冊の本が届いた


014s.jpg



吉岡実 特装版現代詩読本

田村隆一 現代詩読本

谷川俊太郎 世間知ラズ



旅に本は持っていけないから、旅に出てからはずっと読めずにいたのだが、やはりどうしても読みたいので実家から送ってもらった

宇和島にいたころからこの3冊はいつもわたしの傍らにあった

数多くの詩集を読んできたが、何度も読み返すのはこの3冊だけ、わたしにはこの3冊だけで十分なのだ



吉岡実の詩は、画集を見るような気持ちで読む

彼ほど画家的な詩人はいないと思う

彼のことばはときに鮮やかに、ときに鋭い彫刻のように読者を圧倒する

深淵に突然あらわれた光線に

 床の塵の類はざわざわしはじめる

のである


田村隆一の詩はそれとは逆にモノトーンである

荒涼とした地にかれのことばが神託のように響く

 鳥の目は邪悪そのもの / 彼は観察し批評しない

彼は言葉のない世界で

からからに乾いた言葉を甦らせる

荒地の詩人です


谷川俊太郎は多くの詩集を出しているが、この「世間知ラズ」が一番好きです

彼のことばがわたしの日常に語りかける

彼の日常にわたしが語りかける

彼はでも冷めた口調でこう返すのです

 詩は言葉を超えることはできない / 言葉を超えることのできるのは人間だけ

彼はやはり宇宙人だと思います

これほど人間に遠くて近い詩人はいない


不思議なことに、この本が郵便受けに届いた今日に、なぜか詩が書きたくなって2作も書いてしまった

まだ封を開ける前です

でもなにも不思議がることはないんです

ことばが突然あわられる如くに

この3冊が届いただけのことですから




スポンサーサイト

Posted on 2017/01/20 Fri. 22:15 [edit]

category: ひとりごと

TB: 0    CM: 0

20

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://toseinin595.blog.fc2.com/tb.php/665-72b7747a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。