FC2ブログ

09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

わたしの感情の歴史

心のページに刻まれた想いを綴ってゆきます

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

メモリーまたは秋の午後の庭 




場末の階段

夕日とともに降りる



行為が死んだ午後

焼かれた一個の果実が畑に帰るとき

庭に置かれた円卓の向こうを

一台の自転車が走ってゆく

病室のドアの隙間から見える

屋根瓦の上で乾いた洗濯物

誰かが戸を叩いた



際限なく風は

いつまでも葉をゆらし続ける

閉まったドアの向こうに 開け放たれた窓がある

回りながら果てる鳥のように

時間が落ちてゆく




スポンサーサイト

Posted on 2015/10/13 Tue. 17:45 [edit]

category: 詩的つぶやき

TB: 0    CM: 0

13

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://toseinin595.blog.fc2.com/tb.php/644-0365bf50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。