FC2ブログ

09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

わたしの感情の歴史

心のページに刻まれた想いを綴ってゆきます

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

日曜日の路地にて 


カーテンが閉まった店屋の少しだけ開いた戸

普段着の女性が自転車で急ぐその道のさき

小さなトンネルのうえに走る高架線 電車の気配はない

立ち止まってレール越しに空をながめる

穏やかなひかり 静かな朝のはじまり

少しだけ開いたドアから母親の声と

はしゃいでいる子どもの声が漏れ聞こえる


狭い路地を縁取る縁石の陰に潜んでいる

それぞれの顔 それぞれの声

開かれては閉まるドア  

その喧騒のなかで生まれる音と風

わたしがいま自転車で走っている道のさき

静かに休んでいる音と声を視る

わたしとともに通り過ぎてゆく時間・・・


たどり着いた公園の芝生のうえ

風にゆれている小さな花

捨てられたゴミ

羽根を休めている鳩の群れ

何かを待っている

雲の間に顔を出す日

近づいてくる 音と声





にほんブログ村 ポエムブログ 現代詩へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

Posted on 2015/06/22 Mon. 22:24 [edit]

category: 詩的つぶやき

TB: 0    CM: 0

22

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://toseinin595.blog.fc2.com/tb.php/623-83e56847
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。