FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

わたしの感情の歴史

心のページに刻まれた想いを綴ってゆきます

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

怯える勿れ 


ぼくたちは怯えている

いつも怯えている

ほんとうに素晴らしいものを

いつも見過ごしてしまうから


すばらしい詩の一節

勇気ある少年の叫び

稜線に浮ぶ白い雲

木漏れ日が降る道


怯えているから見えない

「ほんとうに大事なものは目に見えない」

今日も朝から忙しかった

珈琲を飲む暇さえなくて

車のエンジンをかける


走っている道すがら

盲目の青年に出会う

青年の背中を通り過ぎる

わたしがわたしを通り過ぎる

声がする・・・


怯える勿れ

わたしは何者でもない

何者でもないわたしは

傷つくこともない





にほんブログ村 ポエムブログ 現代詩へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

Posted on 2015/06/08 Mon. 22:33 [edit]

category: 詩的つぶやき

TB: 0    CM: 0

08

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://toseinin595.blog.fc2.com/tb.php/619-5314c538
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。