FC2ブログ

09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

わたしの感情の歴史

心のページに刻まれた想いを綴ってゆきます

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

過ぎた日の写真 


詩が生まれてきそうな予感がして

書こうとする 

消える逃げるあきらめる その繰り返し

あの夏の日の煙筒を思いだす

また逃げようとする

逃げようとしているのは「幸せ」だろうか

いやむしろ「悲しみ」であろう

傷みが悲しみを追いかけてゆく

「追憶の道」に日が差してくる

誰のために

書こうとしているのか

世界は休みなく動いている

書き溜めた文字の足音が聞こえてきた

あなたの顔が少しだけ見えた気がした

海を見晴らす白い石のテラスに佇んで

お茶を飲んでいる

終わらない不幸のように

風が吹いている

さようならと呟く

あなたが振り向いた気がした

わたしが消えてゆく番だ

遥かなる道の途中



スポンサーサイト

Posted on 2015/03/17 Tue. 22:17 [edit]

category: 詩的つぶやき

TB: 0    CM: 0

17

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://toseinin595.blog.fc2.com/tb.php/603-0b83b843
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。