FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

わたしの感情の歴史

心のページに刻まれた想いを綴ってゆきます

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

かくれんぼの思い出 


何を照らすかあの時の光は

かくれんぼしていた蔵の屋根の隙間から漏れていた光

息をひそめていた 言い知れぬ怖れと危ない悦びに

蔵の入口で 逆行線に消された顔と手足が佇んでいる

泣いているようにも思えた

見つめていた

わたしともいえない わたしのなかの暗闇に光る

幼い目を 怯える目を

山の小路を駆け下りて

夕暮れ前に届く声がある

真昼の温かい手の中で思い出が微睡んでいる

いつまでも終わらない自転のように

繰り返し見る夢のなかで

身を潜めている肉体



スポンサーサイト

Posted on 2015/03/02 Mon. 22:24 [edit]

category: 詩的つぶやき

TB: 0    CM: 0

02

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://toseinin595.blog.fc2.com/tb.php/599-3c45d002
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。