FC2ブログ

09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

わたしの感情の歴史

心のページに刻まれた想いを綴ってゆきます

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

時おり囁きたくなるんだ 


時おり囁きたくなるんだ あの時の風に聞いた声を

わたしがわたしであるわたしの証明として

ある記憶の手形として

脈絡のないことばの血の流れとして

そうわたしは人間なのだから

立っているのだ 


風が吹く公園に報せが届いた

風が吹き溜まる石のベンチの陰に

死んだ母の声が響いた

悲しいほどにわたしも わたしを悲しむわたしも

悲しいほどに人間だ


だから夢を見る

草原の夢が見たい

どこまでもどこまでも駆けてゆけるような

苦しい永遠の幻に

音も光も吸い込まれてゆく・・・

暗闇 -----



スポンサーサイト

Posted on 2015/02/05 Thu. 22:22 [edit]

category: 詩的つぶやき

TB: 0    CM: 0

05

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://toseinin595.blog.fc2.com/tb.php/596-cffd4f63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。