FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

わたしの感情の歴史

心のページに刻まれた想いを綴ってゆきます

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

軒下の夜 


書きたいことがあるのに

それを書かせないようにしている奴がいる

そいつはあの夜の軒下にもいた

雨の降る夜の冷たい夏の風に

吹かれていたのはあの時の現在だったか

それから朝を過ぎて山際の道を走っていった

いくつものトンネルを抜けて

日に焼けた家々の背中を眺めながら

走っていたのは果たしてあの時の現在・・・だったか

光が迫ってくる遠い山の向こうから

影を失った身の光がせせらぎに同化する

未来から来て過去のうちに潜んでいる声

その声がわたしを振り向かせ

わたしを佇ませる

失ったはずの声が

未踏の道を探している



スポンサーサイト

Posted on 2014/10/03 Fri. 00:14 [edit]

category: 詩的つぶやき

TB: 0    CM: 0

03

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://toseinin595.blog.fc2.com/tb.php/594-91af48a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。