FC2ブログ

09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

わたしの感情の歴史

心のページに刻まれた想いを綴ってゆきます

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

問い 


時間は進んでゆく

何もかも置き去りにして

あの日の屈辱も快楽も

すべてはトンネルの向こうに見えなくなる

海の向こうから便りが届く

「お元気ですか」と問いかける声

俯いてしばらくは答えない

やがて日が暮れるまで待つ

顔が見えなくなるまで

暗闇のなかで月の光を拾った涙の跡

答えられるならば、問うこともない

問わなければ、答えることもない

風が吹く今日もあの日と同じ風が吹く

海の向こうではまだ雨が降っているという

見つめる稜線に雲が流れてゆく

冷たい風があの日の記憶を運んでくる

俯いてわたしはいくつもの問いをやり過ごす

生きているから生きている

ゆえに

問いは問いのまま

答えは答えのまま

それでもまた

「お元気ですか」と

問わずにはいられない

生きているゆえに



スポンサーサイト

Posted on 2014/06/06 Fri. 00:19 [edit]

category: 詩的つぶやき

TB: 0    CM: 0

06

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://toseinin595.blog.fc2.com/tb.php/580-bf0a98b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。