FC2ブログ

09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

わたしの感情の歴史

心のページに刻まれた想いを綴ってゆきます

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

雪を待つ雪のように  

   
Amis, La neige attend la neige

友らよ、雪が雪を待っている  
                --- ルネ・シャール


見えている姿は木陰のなかに消えてゆく

その後日が差してくるいつものように

和やかな日が始まってゆく

そしてまた見えてくる 近づいてくる

音も光もないまぜにして

喉の奥に生まれる悲鳴のような欲望

知らないことが幸福のようで

でもあの光が問いかける

雪を待つ雪のように

影が交差点の隅でわたしを待っている

友よ

ありきたりの詩人の言葉のように呼びかけようか

夏がまた来る

白い砂が手をひろげて

焼かれる前に干乾びる

わたしが影を待っている日



スポンサーサイト

Posted on 2014/05/19 Mon. 22:59 [edit]

category: 詩的つぶやき

TB: 0    CM: 0

19

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://toseinin595.blog.fc2.com/tb.php/574-8179f10b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。