FC2ブログ

10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

わたしの感情の歴史

心のページに刻まれた想いを綴ってゆきます

愛と死の日々 


あの頃は悲しみがぼくのすべてだった

するどい真夏の日差しが工場から昇る白い煙を輝かせていた

苦しみのなかに愛を探していた

あの頃はうつむいて川縁を歩き

ときにトンネルの前で佇んでいた


いましがた列車が山肌を過ぎていった

いまのいましがた そういま佇んでいる現在に

あの頃の列車が通り過ぎてゆく


若かったあの日

時おり胸が悲鳴を上げて汗と血を噴出していた

毎日が死のように暗くそして 美しかった


いまはあの列車のなか

いましがた過ぎていった時間のなかを

あの頃の山肌に沿って見つめている

ガラス越しに流れてゆく風景

美しい死が舞う町



スポンサーサイト



Posted on 2014/11/19 Wed. 18:48 [edit]

category: 詩的つぶやき

TB: 0    CM: 0

19